SD21のディスプレイソリューションでは2つのディスプレイ機能で新たな活用法を提案。

  • 会社案内
  • お問い合わせ

ディスプレイソリューション

SHARP BIG PAD

みんなで使うコンピューター

「BIG PAD」は、オフィスや教育現場等で電子黒板やテレビ会議用ディスプレイとして活用できる業務用タッチディスプレイです。
明るい部屋でも見やすく、大画面で表示できるので、プロジェクターやホワイトボードに代わって活用できます。付属の専用ペンを使って電子黒板として使える他、文書データや表計算シートを画面表示した上から手書きし、その内容を保存することが可能。画面上をスマートフォンのようにタッチ操作することで、表示内容の拡大や縮小、ページ送りができるので、プレゼンテーションにも適しています。また、シャープ製デジタル複合機と連携すれば、表示内容のプリントアウトや、スキャンした紙文書を画面上に表示できます。これにより、たとえば会議資料をあらかじめ「BIG PAD」に表示し、議論した内容を専用ペンで書き加えていき、終了時にプリントアウトして議事録として配布するといった活用方法も可能です。
その他、テレビ会議システムやタブレット端末、スマートフォン等の機器と連携することで、様々なビジネスシーンにおける業務効率の向上に貢献。複数のメンバーで活用できる「みんなで使うコンピューター」として新たにご提案します。

SHARP BIG PAD

インフォメーションディスプレイ(e-サイネージ)

コンテンツ配信システム
コンテンツ配信システム

近年、駅や空港といった公共空間における案内情報表示、大画面を利用した受付などで活用されているインフォメーションディスプレイ。
ポスター等の紙媒体とは異なり、張り替える必要がなく、PCやUSBメモリを接続するだけで簡単にデータを表示することが可能です。
また弊社では、インフォメーションディスプレイに付随して、コンテンツ配信システム「e-Signage(サイネージ)」を提供しています。利便性等の面からご好評をいただいています。

※「e-Signage(サイネージ)」とは、コンテンツやレイアウト情報等の配信・表示を簡単にコントロールできます。コンテンツからなる番組を制作して、スケジュールどおりに表示したり、稼働状況を管理したりすること等も手軽に行えるコンテンツ配信表示システムです。

ミーティング支援ソフトとして活用
ミーティング支援ソフトとして活用

同一ネットワーク内のBIGPADやタブレット端末、パソコンを連携させ、画面共有や双方向書き込みができるミーティング支援ソフトです。
会議参加者がモバイル端末を持ち込むことでスムーズな会議運営ができるほか、拠点間通信も可能なので、遠隔地の事業所との会議などに幅広く利用できます。

  • ・PN-SL20はSHARPディスプレイコネクト製品版、
    PNSL2AはPN-Sl01からのアップグレード版です。
  • ・別途、無線LAN環境が必要となり、同一ネットワーク内のBIGPADとモバイル端末間でのみ利用可能です。

詳しくはこちら

お問い合わせ